給付金の出るB型肝炎

集団予防接種世の中には様々な病気があります。この日本で社会問題となった病気が、国から給付金の支給の対象となっているB型肝炎というものです。このB型肝炎が広まってしまった背景には、幼少期に受けた予防接種というものがあります。昔ではこうした集団予防接種の際に用いられていた注射器が連続使用されており、それによってB型肝炎に感染してしまう人が一定の数いたのです。日本のように行き届いているように思える国で、そうしたずさんな管理が行われていたこと自体驚くべき事ですが、こうした形でB型肝炎に感染してしまった人たちは長い間苦しんでいたのです。しかし、2011年にやっと国が責任を認めてこの問題の解決に動き出すこととなります。もちろんB型肝炎ウイルスに感染している人全てが過去の集団予防接種によって感染したわけではありません。

母子感染という形で親からB型肝炎ウィルスを受け継いでしまった人も少なくないのです。もちろんもともとB型肝炎ウィルスを持っていた親が、過去の集団予防接種によって感染したというケースもあります。現在の日本のB型肝炎患者の状況を見ると、14歳以下の子供や高年齢層の報告数は少なくなっています。それでB型肝炎の対策としては母子感染を予防する処置と、性感染などによる水平感染を防ぐよう対策することによってかなり効果が上がるということがわかります。中には自分がB型肝炎ウィルスに感染していることを知らない人もいるので、検査を受けて感染がわかった場合には速やかに対処していく必要があります。