給付金の仕組み

過去の集団予防接種によってB型肝炎ウィルスに感染してしまった人に関しては、国から救済処置が設けられており、給付金を受け取ることが可能となっています。しかしこの給付金を受け取るためにはただ単にB型肝炎ウィルスに感染していることを申し出るだけでなく、給付金を受け取るための訴訟を起こす必要があります。まずは昭和23年から昭和63年までの間に集団予防接種などを受けたことがあるかを調べる必要があります。実際に集団予防接種が原因でB型肝炎ウィルスに感染している人は最大で40万人以上存在しているとみられています。

給付金また給付金に関しては自分の親が集団予防接種によりB型肝炎ウィルスに感染し、そこから母子感染で自分も感染してしまったという人に対しても支給されるものとなっています。支給される金額は病態によってかなり違いが出てきます。100万円以下の給付金のケースもあれば3千万円を超える給付金が支払われるケースもあるようです。なぜ給付金を受け取るためにわざわざ訴訟を起こす必要があるのかと言うと、救済要件に合致するかどうかを裁判所において証拠を検討し、確認していく作業が必要だからです。実際にこうした救済処置の存在を知らずに過ごしてしまっていた人たちも多くいます。