給付金を受け取るために

B型肝炎の給付金を受け取る訴訟を起こすために、様々な準備を自分自身でするという人もいるかもしれませんが、給付金手続きに慣れた弁護士に手続きを依頼することにも多くのメリットがあります。給付金を受け取るための準備には資料を集めることや調査、そして裁判自体を起こすのに必要な書類を準備するなど多くの手間がかかります。そして書類の不備等を直すのにも膨大な時間がかかりますので、自分1人で行うとなると給付金手続きを進めていくのに難しさを感じることでしょう。

弁護士裁判所から適切に判断してもらい、最速で給付金を受給するためにも種々雑多な手続きに精通している弁護士に仕事を依頼することが賢明でしょう。しかしどのくらいの費用で弁護士に給付金手続きを依頼できるのだろうかと心配される方も多いでしょう。B型肝炎の給付金請求に関しては給付金の受給以外にも給付金額の4%を弁護士の費用として国が補助する取り決めがなされています。こうしたシステムを上手に活用することにより弁護士に依頼する経済的な負担を軽減することが可能です。B型肝炎の給付金手続きを考えている人は、まずは弁護士に相談し詳しい話を進めていきましょう。インターネットでB型肝炎の給付金請求に精通した弁護士を検索してみましょう。

≪推奨リンク≫http://www.adire-bkan.jp/
B型肝炎の給付金に詳しい弁護士がいる“アディーレ法律事務所”です。

給付金の仕組み

過去の集団予防接種によってB型肝炎ウィルスに感染してしまった人に関しては、国から救済処置が設けられており、給付金を受け取ることが可能となっています。しかしこの給付金を受け取るためにはただ単にB型肝炎ウィルスに感染していることを申し出るだけでなく、給付金を受け取るための訴訟を起こす必要があります。まずは昭和23年から昭和63年までの間に集団予防接種などを受けたことがあるかを調べる必要があります。実際に集団予防接種が原因でB型肝炎ウィルスに感染している人は最大で40万人以上存在しているとみられています。

給付金また給付金に関しては自分の親が集団予防接種によりB型肝炎ウィルスに感染し、そこから母子感染で自分も感染してしまったという人に対しても支給されるものとなっています。支給される金額は病態によってかなり違いが出てきます。100万円以下の給付金のケースもあれば3千万円を超える給付金が支払われるケースもあるようです。なぜ給付金を受け取るためにわざわざ訴訟を起こす必要があるのかと言うと、救済要件に合致するかどうかを裁判所において証拠を検討し、確認していく作業が必要だからです。実際にこうした救済処置の存在を知らずに過ごしてしまっていた人たちも多くいます。

給付金の出るB型肝炎

集団予防接種世の中には様々な病気があります。この日本で社会問題となった病気が、国から給付金の支給の対象となっているB型肝炎というものです。このB型肝炎が広まってしまった背景には、幼少期に受けた予防接種というものがあります。昔ではこうした集団予防接種の際に用いられていた注射器が連続使用されており、それによってB型肝炎に感染してしまう人が一定の数いたのです。日本のように行き届いているように思える国で、そうしたずさんな管理が行われていたこと自体驚くべき事ですが、こうした形でB型肝炎に感染してしまった人たちは長い間苦しんでいたのです。しかし、2011年にやっと国が責任を認めてこの問題の解決に動き出すこととなります。もちろんB型肝炎ウイルスに感染している人全てが過去の集団予防接種によって感染したわけではありません。

母子感染という形で親からB型肝炎ウィルスを受け継いでしまった人も少なくないのです。もちろんもともとB型肝炎ウィルスを持っていた親が、過去の集団予防接種によって感染したというケースもあります。現在の日本のB型肝炎患者の状況を見ると、14歳以下の子供や高年齢層の報告数は少なくなっています。それでB型肝炎の対策としては母子感染を予防する処置と、性感染などによる水平感染を防ぐよう対策することによってかなり効果が上がるということがわかります。中には自分がB型肝炎ウィルスに感染していることを知らない人もいるので、検査を受けて感染がわかった場合には速やかに対処していく必要があります。